血液サラサラ効果の高いナットウキナーゼの紹介です。

ナットウキナーゼの効果とは

主な効果は血液をさらさらにする

ナットウキナーゼの効果とは

ナットウキナーゼとは、納豆にのみ含まれる酵素の一つです。

納豆は、煮た大豆に納豆菌を振りかけ発酵させて作る日本ではとても馴染みのある食材ですが、ナットウキナーゼの発見により世界的に大きな注目を浴びました。

その主な効果としては血液をさらさらにするものがあり、動脈硬化や生活習慣病の予防に役立つ他、コレステロール値を下げる働きがあると言われています。

これは、ナットウキナーゼには血栓の成分となるたんぱく質の一種であるフィブリンを分解する作用があるからで、高カロリーな食生活やストレス、喫煙などの様々な理由で血液内がドロドロになり血栓が出来やすくなっている状態から、血栓を融解し血液の流れをスムーズにするからです。

また、通常口から摂取した酵素というのは胃液で分解されてしまい、実際の効果を得るのは難しいと言われているのに対し、ナットウキナーゼは腸管から血液に吸収されていたという研究結果もあるように、酵素の働きが失われずらいといった特徴もあります。

さらに持続時間も長く、夕食時や夕食後に納豆を食べると、特に血栓が出来やすいとされている就寝時間にナットウキナーゼが活発に働くといったデータもあるようです。

この他にも、高血圧の原因となる活性酸素を抑制する働きがあったり、腸内で善玉菌を増やしてくれるため便秘解消にも効果があると言われているのが、ナットウキナーゼです。

これらの効果は、毎日納豆を1パック食べるとよいとされていますが、ナットウキナーゼは熱に弱い性質があるため、加熱調理は好ましくないようです。